朝霞第二小学校 いじめ防止基本方針
 朝霞第二小学校 生徒指導部
1  いじめ防止基本方針

いじめ防止等のための対策の基本理念
 すべての児童は、かけがえのない存在であり、社会の宝である。すべての児童が健やかに成長していくことは社会全体の願いであり、豊かな未来の実現に向けて最も大切なことである。
 児童とっていじめはその健やかな成長への阻害要因となるだけでなく、将来に向けた希望を失わせるなど、深刻な影響を与えるものであるとの認識を持ち、いじめ防止基本方針を策定する。
 いじめが行われず、すべての児童が安心して学習その他の活動に取り組むことができるように、保護者や関係機関との連携を図りながら学校全体でいじめの防止と早期発見に取り組むとともに、いじめが疑われる場合は適切かつ迅速にこれに対処し、再発防止に努める。

(1)いじめは、すべての児童に関する問題として認識し、すべての児童が安心して学習等に取り組むことができ、学校の内外を問わずいじめが行われなくなるよういじめの未然防止に努める。いじめはどの学校、どの学級でもおこりうるものという基本認識に立ち、すべての児童を対象に、いじめの未然防止・早期発見・早期対応に取り組む。
(2)いじめを行わず、またいじめを認識しながらこれを放置することはせず、すべての児童がいじめの問題に関して理解を深められるよう、お互いに尊重しあう意識や態度を育てることを目指す。
(3)いじめはどの学校でもどの児童にも起こり得ることである。しかし、いじめは決して許されないことであるという認識に立ち、いじめは児童の心身に重大な影響を及ぼすということを理解し、迅速にかつ組織的に対応する。すべてのいじめに関する問題の解決を目指す。
(4)各教科の授業や道徳、人権教育、学級活動、学校行事等の活動を通して、児童生徒の人権感覚を育成する。また、学校や家庭においていじめ予防及び防止の啓発活動に取り組む。また教育相談の充実を図る。

2 いじめ防止等に取り組む組織
〈目 的〉
・いじめの防止等を対策のための組織「生徒指導・いじめ対策会議」を設置この組織は全教職員でいじめ防止等の共通理解を図り、学校全体でいじめ対策を行う中核となる役割を担うものとする。
・この組織は、学校基本方針が学校の実情に即して機能しているかを点検し、必要に応じて見直しを行う。
〈構成員(組織図)〉
               校 長
                |
               教 頭
                |
生徒指導委員会 生徒指導主任・教務主任・養護教諭・各学年の生徒指導担当
          |           |
        各学級担任        専科担任
※いじめが起こった際は当該学級担任と学年主任が参加
〈活 動〉
①いじめの早期発見に関すること(アンケート調査、教育相談)
②いじめ防止に関すること (啓発活動、指導や授業計画、道徳や人権教育との関わり)
③いじめ事案の対応に関すること
〈開 催〉
 アンケートにもとづき、いじめに関する報告・確認を月に一回行う。いじめ事案発生時は緊急で開催する。

3 学校におけるいじめ防止等に関する具体的な取組

(1)いじめの未然防止
①あいさつ活動やたてわり活動などの児童相互の活動を充実させ、適切に指導を行っていくことで、児童生徒の豊かな情操ややさしさ、思いやりの心を育て、心の通う対人交流の能力の素地を養い、いじめが生まれにくい環境を整えていく。道徳の授業研究などを積極的に進め、道徳の授業の充実を図り道徳的実践力を高めるようにする。
②1年生を迎える行事や6年生を送る行事、2分の1成人式等の自分や他人のよさや成長を認め合うような行事や活動を充実させていくことで、自分の大切さや他人の大切さを認め合うことができるようにする。
③各教科の授業において児童一人ひとりを大切にした指導を展開し主体的に参加できる学習活動や、重要と規律を大切にした学校経営・学級経営を目指す。
④朝会での講話や学級での日常の指導や担任の学級指導において、児童対していじめ防止の重要性に関する理解を深めるための啓発活動を行う。保護者に対しては懇談会で話題として取り上げたり非行防止教室への参加を呼びかけるなどしていじめについての啓発活動を行う。
⑤「笑顔あふれるあたたかい学校宣言」(いじめ根絶宣言)を目標として設定し、講話や学級指導を行いその実現を目指す。各家庭にも周知し共通理解の上協力していじめ防止に努めるようにする。
⑥月ごとにいじめに関する調査(アンケート)を行いいじめの早期発見と早期対応、予防に努める。
教職員、児童ともに、アンケートを毎月行うことでいじめに対する関心や予防への意識を持ち続けるようにする。

(2)いじめの早期発見
①日常的に児童生徒の様子や行動を観察し、保護者と連携を図りながら、その変化やいじめの兆候のの把握に努める。
②いじめの実態を適切に把握するため、アンケートの実施、児童との面談を適切に行い、いじめの早期発見に努める。
③児童及び保護者がいじめに係る悩みをいつでも相談できる仕組み・体制を整備する。

(3)いじめへの対応
 いじめを確認した際には迅速かつ組織的に事実確認を行いそのいじめをやめさせるとともに適切に対応し再発防止に努める。いじめの100%の解消を目指す。
〈いじめに対する具体的な措置〉
①速やかに事実の確認を行う。
②いじめを受けた児童に対する支援並びにその保護者に対する情報提供及び支援を行う。
③いじめを行った児童に対する指導及び支援並びにその保護者に対する助言を行う。
④いじめを受けた児童が安心して教育を受けられるように、必要な措置を講ずる。
⑤いじめが犯罪行為として取り扱われるべきものであると認める時は、朝霞市教育委員会および朝霞警察署との連携を図る。
⑥インターネットを通じて行われる不適切な書きこみ等について、被害の拡大を防ぐため、ただちに削除等の依頼を行い、必要に応じて朝霞市、その他の関係機関等の協力や援助を求める。