平成30年度


 朝霞第二小学校長の「加藤 美幸」です。朝霞第二小学校3年目となりました。よろしくお願いします。 

2学期1学期


2学期終業式の話「あたたかさを見つけよう」 12月21日(金)

おはようございます。今日で、2学期が終わります。2学期、自分でやろうと決めたことは、できましたか。まだ、できていないことがあったら、冬休みにできることは冬休みに、冬休みにできないことは、3学期に必ずやりましょう。
 今は冬なので、みなさんの周りには寒さがいっぱいです。今日は友達が作った作品を紹介します。題名が寒さと反対のあたたかさだったのでおもしろいなと思い、みなさんに紹介することにしました。
いろいろな「あたたかさ」
 僕はこの寒い冬の中に、いろいろな「あたたかさ」を見つけました。まず一つ目は体育の授業のとき。外へ出たときはとても寒かったけど、その後、校庭のトラックを2周走ったらとても「暖」まりました。次の日には、朝は寒いけれど、時間がたつにつれて「暖」まることを見つけました。当たり前のことだけれど。二つ目は給食の時に友達が食器を一緒に運んでくれて、その優しさが僕の心をとても「温」かくしてくれました。「優しさ」は心を「温」かくしてくれることがわかりました。僕はそんな「温かさ」で学校が包まれればいいな…と思います。
 今日の話のあたたかさをぜひみなさんも感じてください。
 一つ目のあたたかさです。寒い寒いと言っていても、昼頃には日向は暖かくなっています。家にこもっていないで、外に出ていい空気を吸ってください。
 また、寒さに負けないで、マラソンやなわとびに取り組んでください。だんだん体がぽかぽか暖かくなります。
 二つ目のあたたかさです。困っている人がいたら声をかけてあげる、助けてあげるなど、人に優しくして、心を温かくしてあげてください。自分の心もほっこり温かくなります。
 さて、楽しい冬休みがやってきます。冬休みは、3つのチャンスがあります。年末の大掃除や手伝いで家族の一員としての責任(役割)を学ぶチャンスです。また、帰省や親戚の方々との行き来、正月のあいさつなどで礼儀を身に付けるチャンスです。そして、お年玉でお金の大切さを学ぶチャンスです。お父さん、お母さん、家族で、話し合ったり取り組んだりしてみてください。
 1月8日の始業式に、掃除上手、挨拶上手、お金使い上手、○○上手になったみなさんに会えることを楽しみにしています。2学期終業式のお話を終わります。 


二小だより冬休み号から「終わり良ければ 全て良し」で 12月21日(金)

早いもので今年もあと10日、22日からは冬休みに入ります。「終わり良ければ、全て良し」と言う言葉があります。やり残すことがないように、残りの日々を新しい年への準備期間として、充実した日にしてください。
 私が小学生のとき、1月1日の朝に、毎年やっていたことがあります。今年のめあてを決め、それを紙に書き、封筒に入れ、机の奥に大切にしまうことでした。決めためあては、「必ず今年やるぞ!」と強く心に決め、真剣に取り組むようにしました。一年後、大晦日に封筒をあけると、書いたことの多くが不思議に実現していました。めあてはできるだけはっきりと書くこと。一年の途中で封筒をあけないことが大切です。紙、えんぴつと封筒があればできる、夢ふくらむ行事です。一年は長いので、自分がやりたいことをたくさん書いてチャレンジしてください。封筒をあける大晦日が楽しみになります。いくつか紹介しますので参考にしてください。  

 さて、2019年はどんな一年になるのでしょうか。いのしし年(亥年)だけに猪突猛進(ちょとつもうしん)、目標に向かって猛烈な勢いで突き進む年になるかもしれません。よいお年をお迎えください。そして、1月8日には元気な顔を見せてください。

「いのししイラスト」の画像検索結果

校長の学校探検記

6年社会科見学 12月7日「国会議事堂・科学技術館・江戸東京博物館」小学校最後の校外学習。盛りだくさんの内容でしたが、グループでまとまり腕時計を見ながら時間を守って行動していました。

あすなろ学級校外学習 12月18日「そなエリア東京」東京臨海広域防災公園にある施設です。地震発生後72時間の生存力を付ける体験学習ツアーにも参加しました。10名全員参加。電車に上手に乗って行ってきました。

おめでとうございます ※○は学年

■第53回郷土を描く児童生徒美術展 特選 物江桜月さん④
■朝霞市教育委員会表彰 馬場美沙希さん②(硬筆)
■第41回児童生徒木工工作コンクール
 埼玉県木材青壮年会長賞 工藤 壮一郎さん⑥
 努力賞 馬場美沙希さん②・北村詞加さん③・塚田純平さん④・山浦天太郎さん⑤・渡邊祐希さん⑤
■平成30年度交通安全作品
 交通安全協会朝霞支部長賞 小椋葵さん⑤(ポスター)
 朝霞市交通安全母の会長賞 金子未咲希さん③(作文)
■発明創意工夫展 優良賞 長友翔さん⑥・矢吹有沙さん⑤・鈴木廉右さん⑤・新井悠輝さん⑤
■朝霞市読書感想文コンクール 入選 斎藤遥希さん②・比留間尊希さん②・比留間美織さん③・石瀧瑛大さん④・ハーリー有愛さん⑤・辻章浩さん⑥
■平成30年度埼玉県歯・口の健康啓発標語コンクール 入賞 才川稜央さん⑤


12月の全校朝会の話「学校をみがくことは心をみがくこと」 12月4日(火)

 おはようございます。
 「そうじの態度を見れば、その人のまじめさや、やさしさがわかる。」という言葉があります。 みなさんはどんな態度でそうじをしていますか?
そうじをしているときの自分を振り返ってみましょう。
 「もっときれいにしよう。」と、時間いっぱい働いていますか?できている人は手をあげましょう。
 また「そうじは自分の心をみがく。」と言われることがあります。一人一人が自分の掃除場所を一生懸命ピカピカにみがくと、すみずみまできれいな学校になります。みなさんは学校をみがいていますが、そうしながら実は心もみがいているのです。
 みんながよい態度で続けると、まじめなやさしい子供がたくさんいるきれいな学校になります。
 12月は大掃除もあります。そんなすてきな二小になるように、学校を心をみがきあげてください。

(表彰)

 たくさんの人に賞状を渡しました。みなさんががんばった結果です。これからもいろいろなことに挑戦してください。


二小だより12月号から「『あなたがもっている色』は宝物~人権週間に~」 11月26日(月)

 落ち葉が舞い散る季節となり、強い風や雨の後には落ち葉が吹きだまりをつくっています。毎朝、用務員さんが通学路や校内の落ち葉を掃き、学校をきれいに、みんなが安全に登下校や生活ができるようにしてくださっています。月曜日には環境美化委員会が落ち葉掃きのお手伝いをしてくれています。ありがとう。児童のみなさんも、学校や地域、みんなのために何かできることはないか。自分で考えて活動できるようにしましょう。
 さて、我が国においては「世界人権宣言」が採択されたことを記念して、毎年12月4日から10日までを「人権週間」と定めています。平成30年度の重点目標は、「≪世界人権宣言70周年≫みんなで築こう 人権の世紀 ~考えよう 相手の気持ち 未来へつなげよう 違いを認め合う心~」です。各家庭で次の「色のないてんとう虫」の話をもとに「思いやりの心」や「認め合う心」について話し合ってみてください。
「色のないてんとう虫」
 てんとう虫さんが元気なく森の診療所の先生に言いました。「友達のてんとう虫は、みんなきれいな赤い色をしているのに、一緒に遊んでいても、ぼくだけ色がないから、なんだか仲間はずれになっているような気がするんだ。どうしたら、みんなと同じ赤い色になるの。ぼくに赤い色をつけてください。」
 先生は、「空に浮かんでいる入道雲や真綿のような雪、庭に咲いているデージーの花たちは、何色だかわかるかな。」とやさしく聞き返しました。
 てんとう虫さんは気付きました。「自分は『色のないてんとう虫』だと思っていたけど、ぼくにもちゃんと色があったんだ。友達は赤い色、ぼくは白い色。」てんとう虫さんはもう自分だけが仲間はずれだとは思いませんでした。よく見ると、同じ赤でも、オレンジ色や黄色に近いてんとう虫など、みんな少しずつ色が違っていることに気が付きました。先生の言葉で、自分がきれいな白いてんとう虫だということに自信をもったのです。
 元気になったてんとう虫さんは、友達と楽しく遊んでいます。

 みなさん一人一人にもてんとう虫さんのようにすてきな色があります。その色は「明るさ」という色だったり「元気」という色だったり、それはあなただけの宝物です。それぞれの色を輝かせ、友達のきれいな色も見付けてください。

校長の学校探検記

11月15日(木)風の子マラソン大会
 絶好のコンディションの中、今年度は4年生女子からスタート。校庭や沿道には、子供たちの応援に多くの方にお越しいただきました。応援に後押しされ、子供たちは最後まで頑張り、今年度は7つの新記録が出ました。PTAの皆様には、誘導や交通整理等でご協力をいただきありがとうございました。

11月16日(金)4年ブラインドサッカー
 アイマスクをつけブラインドサッカーをベースにした体験や、ブラインドサッカー選手との交流をとおして多くのことを学びました。視覚に頼らず、声を出すことや聞くこと、相手を思いやる気持ちなどコミュニケーションの重要性や仲間との信頼関係の大切さを体感することができました。


風の子マラソン大会 開会式の話 11月15日(木)

 おはようございます。風の子マラソンは1,2年生は800メートル、3,4年生は1キロメートル、5,6年生は1.2キロメートル、みんなが完走できる距離になっています。
 風の子タイムや体育の時間などの練習の成果を発揮し、全員が完走を目指し頑張ってください。
 最近マラソンをする人が増えてきました。11月23日には朝霞でもロードレース大会があり、二小からも出場する人がいます。頑張ってください。3月3日には「東京マラソン2019」という大きな大会があり、37,500人もの人が42.195キロを走ります。風の子マラソンの約40倍の距離です。2時間ちょっとで走る人もいれば、7時間もかかる人もいます。順位を目標にしている人もいますが、多くの人は自分の目標記録の突破や完走、最後まで走り切ることを目標にしています。時間がかかっても、人より遅れても、自分のペースで走り切ることが大切です。歩きたい気持ち、止めたい気持ち、もうだめだという気持ちに負けないで走り切ってください。
 また、息が苦しくなったりお腹が痛くなったりして思うように走れなくなることがあります。そうならないために、準備運動をしっかり行うようにしてください。スタート前には(両手を組んで)ググッと上に(少し後ろにそるように)10秒間背伸びをします。座ったままやってみましょう。
両手を組んで、ググッと上に、少し後ろにそるように10秒間伸ばします。「12345678910」
手を下ろして、軽く左右に体を振ると、気持ちがリラックスして呼吸が楽になります。(左右)(左右)
 走るとお腹が痛くなる人は、直前に、前曲げ・後ろ曲げ・横曲げをしっかり行うようにしてください。
 さあ、いよいよ風の子マラソン大会が始まります。応援に来てくださった方々に力いっぱいの走りを見せてください。


11月全校朝会の話「グッド マナーの学校に」 11月6日(火)

 おはようございます。10月は行事がたくさんありました。二小フェスティバルでは、6年生がリーダーシップをとりお店の計画を立て準備をし、お店を回ったり店番をしたり班をまとめていました。みんなの笑顔がたくさん見られました。1日には、「就学時健診」がありました。来年二小に入学する子供たちがお家の人とやってきました。みなさんは「就学時健診」のことを覚えていますか?5年生が会場準備、子供たちのお世話、片付けと、お手伝いをしてくれました。子供たちは、「ありがとう」と、にっこりして帰って行きました。6年生、5年生とも、さすが二小の高学年、立派に自分の役割を果たすことができました。
 さて、2学期が始まって2か月、折り返し点を過ぎました。あいさつや廊下歩行、そうじはよくできるようになりましたか。あいさつは、できる子供は、大きな声、笑顔で、よくできるようになったと思いますが、しない子供は、友達と話していて素通りしたり下を向いていたりしています。残念です。
 まずは、あいさつは自分にしてくれていると気付く(思う)こと、そしてあいさつを返すこと。さらに、自分から先にできるとよいと思います。
         廊下歩行は、校長先生が見ていると、右側を静かに歩いていますが、そうでないときは、まだまだ、急いでいるから、早く遊びに行きたいと走る子供が多いです。児童会の取組も始まりますが、「歩きましょう。走らない。」と声をかける人も、前より少なくなっています。残念です。
 そうじは、時間いっぱいまで、よごれを見付けて汗をかきかきやっている子供もいますが、おしゃべりをしていたりごみが残っていてもそのままだったりすることもあります。残念です。
 みなさんはどうですか。あいさつも、廊下歩行も、そうじも、することがマナーです。するのが当たり前のことです。自分でやろうと思えばできることです。逆に、しないことはマナー違反です。グット(よい)マナーの学校になるよう、一人一人でマナー違反をしないようがんばりましょう。
 何をするのにも気持ちのよい季節です。勉強も運動も。先週からは風の子タイムが始まっています。何もしないで、学力や体力はつきません。復習や練習、トレーニングを続けることが大切です。クラスやおうちでも取り組んでください。


二小だより11月号から「『自ら考え、学び合う子』を目指して」 10月27日(金)

 長かった2学期も折り返しを過ぎました。10月18日には縦割りグループで活動する「二小フェスティバル」を実施しました。なかよしグループで考え協力してお店の準備をして、店番をしたりお客さんになったりしました。上級生が下級生の面倒を見ながら協力して活動し、校舎内に元気な呼び込みの声や笑顔があふれていました。また、二小PTAの主催行事ですが、13日には「校内ソフトボール大会」、20日には「あそびな祭」が開催されました。教職員、児童ともに楽しみながら普段触れ合うことがない方々と交流することができました。お世話になりました。

 さて、朝霞二小は平成29・30年度朝霞市教育委員会の研究開発学校の指定をいただき、昨年度から「基礎学力を身に付け、進んで学習する児童の育成」をテーマに、算数科の研究に取り組んできました。具体的には以下のとおりです。①自力解決の時間を十分に確保し自分の考えを表現する場や友達と学び合う場を設定するなど二小の授業スタイルの確立。②単元や実態に応じてTT(複数指導者での)指導、少人数指導や支援員の活用など授業形態の工夫。③学年・学級の算数コーナーの設置や「いいノート」掲示、階段掲示などの環境の整備。④実際の授業実践と授業改善。

おめでとうございます

◆朝霞支部科学教育振興展覧会
最優秀賞「おおきいしゃぼんだまづくり」1年 白倉壮真さん 
優良賞 「ギターの音が鳴るしくみ」  4年 稲田啓人さん

◆身体障害者福祉のための児童生徒美術展覧会 
特選 2年 寺﨑悠太さん

◆ふれあい標語 佳作
「努力して つかんだものは たからもの」6年 今野健太さん
「おたがいを たかめあうのが 真の友」 6年 坂本徹平さん
「大丈夫!! 家族の応援 ぼくのパワー」 5年 西嶋凜央翔さん

校長の学校探検記

10月20日(土)朝霞市議会の本会議場で「朝霞“未来・夢”子ども議会」が開催されました。二小からは6年の永田小陽さん、宮田虎哲さんが1日だけの議員となり、「緑化促進について」(永田議員)と「野良猫殺処分0運動について」(宮田議員)の質問を行いました。市長の答弁をうなずきながら聞いていた永田議員、まっすぐ前を向いて堂々と質問をしていた宮田議員。たくさんの人の前で緊張しながらも立派な態度で参加できました。よい経験ができました。

10月23日(火)「朝霞市内小学校陸上競技大会」が市内6年生全員(約1,200名)の参加で実施されました(朝霞市中央公園陸上競技場)。競技開始後、雨が降ってきてコンディションはよくはありませんでしたが、それぞれの種目に一生懸命取り組む姿があちらこちらに見られました。先生方や朝霞第八小学校の児童の皆さんのお手伝いもあって、スムーズに大会を進行することができました。男子は100m4位・室屋充希さん(14秒6)、女子は80m5位・庄司かえでさん(12秒7)、800m1位松尾ゆめのさん(2分43秒0)、2位松田優依さん(2分46秒4)、走り幅跳び5位・大津来夢さん(3m52㎝)、走り高跳び6位・杉本美夕さん(1m15㎝)の6名が入賞を果たしました。おめでとうございます。  


第52回市内小学校陸上競技大会 大会長のことば 10月23日(火)

 おはようございます。この大会は今年で52回を迎えました。この素晴らしい競技場で数々の記録が生まれています。みなさんも日ごろの練習の成果を発揮して、自分のベスト記録を更新してください。
 また、毎年、市内の体育主任をはじめ先生方と朝霞第八小学校の児童のみなさんのお手伝いで開催することができています。ありがとうございます。感謝の気持ちをもって取り組み、さらに、みなさんの元気で雲を吹き飛ばしてください。
 今日は市内10校の1,100人を超える仲間がここに集まっています。ぜひ、競技をとおして交流を深め、よい思い出をつくってください。気温が下がっていますので、上着などで体温調節をしたりウォーミングアップをしっかり行ったりするようにしてください。
 保護者の皆様、教育長の三好様、各学校の校長先生方、早朝より子供たちの応援にかけつけていただきありがとうございます。子供たち一人一人にあたたかな拍手や声かけをお願いします。
 「主役は私たち全員」2年後の2020東京オリンピック・パラリンピックのポスターに書かれていた言葉です。さあ、みなさんのオリンピック・パラリンピックが始まります。みんなが主役です。がんばってください。


10月全校朝会の話「ストップ!いじめ」 10月2日(火)

 おはようございます。運動会では、徒競走、団体競技や団体演技、さらには係の仕事など、みんなの頑張る姿がたくさん見られてうれしかったです。ぜひ、運動会で学んだことを学習や生活に生かしてください。
 さて、みなさんは、「泥かぶら」の絵本を読んだことがありますか。この話は、泥まみれのかぶのような顔をしたみにくい顔をした女の子が、みにくいから、きたないからと村の子供たちから「泥かぶら」と言われ、いじめられひどいことをされていました。ひどいことをされるたびに、人を恨み、あばれ、乱暴になっていきました。そんな「泥かぶら」が旅をしていたおじいさんに会い、おじいさんが教えてくれた三つのことを実行して、「仏様のように美しい子」に変わっていったという話です。
 その三つのこととは、「いつも、にっこりわらうこと」「人の身になって考えること」「自分の顔を恥ずかしいと思わないこと」でした。女の子は、人の役に立つことを心を込めて行いますが、ある日、村人の身代わりに悪人に連れて行かれます。女の子は悪人にさえ笑顔で正直に尽くしたので、その姿に心を打たれ「仏様のように美しい子」という置き手紙を残して去っていきました。そのとき、女の子の顔は、やさしく幸せに輝く笑顔に変わっていました。
 この話は「人はだれでも、心についた泥を落とすことができれば、真っ白な美しい真心が顔にも出るもの」としめくくっています。
 二小のみんなも「いつも、にっこりわらって」「友達のことを思って」「自分に自信を持って」ください。そうすれば、二小はいじめのない、もっとよい学校になります。
 10月11月はいじめ防止の月です。いじめ0は二小の1年間の目標でもあります。もし、いじめられたら、いじめを見かけたら、一人で悩まず先生に相談してください。ストップ!いじめ。みんなで取り組んでいきましょう。


二小だより10月号から「学校生活をもっと楽しいものに」 9月26日(水)

 9月の運動会では、学年や全体、各色の応援練習をとおして、学級だけでなく、同じ学年や、ほかの学年の人たちと仲よく協力し合って楽しく活動していく姿が見られました。多くの人と友達になると、学校生活がもっと楽しくなります。10月には二小フェスティバルがあり、その準備を縦割り班で行うなかよし活動があります。子供たちがこれらの活動をとおして、だれとでも仲よくし、学校生活をもっと楽しいものにしていってくれることを期待しています。
 10.11月は朝霞市のいじめ防止月間です。この機会にいじめについて各家庭で話題にしてみてください。

掟(じゅう)のおきて(ならぬことはならぬものです)

 江戸時代、会津藩では町に住む6歳から9歳までの藩士の子どもたちは、10人前後で集まりをつくっていました。この集まりのことを「什 (じゅう)」と呼び、「什 」で守らなければいけないこととして、誓い合ったルールが「什の掟」です。広く知られている掟は7か条ですが、そのうち3つを紹介します。
一、嘘言(うそ)を言ふことはなりませぬ    
一、弱い者をいぢめ(いじめ)てはなりませぬ
一、卑怯(ひきょう)な振舞(ふるまい)をしてはなりませぬ
 子供たちが自分たちでルールをつくって守ったそうです。みなさんもルールを守ってみんなが楽しく過ごせるようにしていきましょう。

校長の学校探検記

 9月22日(土曜日)第74回運動会 早朝からの校庭整備、テント張りや椅子出し、さらに片付けなど、地域やPTAの皆様のご協力でスムーズに予定より早く終了することができました。ありがとうございました。夏休みのちゃれんじスタディ、8日の除草作業もそうでしたが、学校からの一声で多くの方にご参加いただきました。今後もつながりや絆を大切に、「地域とともにある学校づくり」を目指し、学校と地域の連携・協働による取組を進めていきたいと思います。未来を担う子供たちの豊かな成長のために、引き続きご支援・ご協力をお願いいたします。

今年の運動会も赤(1組)、黄(2組・2年4組)、青(3組・5年4組)に分かれての3色対抗で競い合いました。青が優勝、黄は準優勝、敢闘賞は赤という結果になりました。集団演技はどの学年も力を入れて取り組みました。1年「ひょっこりタッタ隊!」、2年「GOOD LUCKY!!!!」、3年「ダイナミック二小」、4年「平成最後の二小ソーラン2018」、5.6年「心を一つに」。子供たちは自分の力を出し切り精一杯頑張っていました。温かい応援や大きな拍手をいただきありがとうございました。


平成30年度 第74回 朝霞第二小学校 運動会 開会式での話 9月22日(土)

 おはようございます。みなさんの思いが通じて雨が上がりました。早朝からお父さん達や先生方が水たまりを埋め、ラインを引き、テントを張るなど準備をしてくれました。ありがとうございました。
 みなさん、まだ、天気が心配です。力いっぱい、元気いっぱいの演技や競技、応援で、雲をふき飛ばしてください。
 来賓や保護者、地域の皆様、開会式に駆けつけていただきありがとうございます。大きな声援や拍手をお願いします。さあ、平成最後の運動会が始まります。頑張りましょう。

閉会式での話

 平成最後の運動会は雨で始まりましたが、みんなの頑張りで途中素晴らしい青空になりました。徒競走では、途中転んでしまった人も、すぐに起き上がってゴールを目指して走り抜いていました。団体競技では、力を合わせて最後まで力を出し切りました。力を入れて練習をしてきた団体演技は、衣装や動き、隊形が工夫されていました。一番のできばえでかけ声も勢いがあって感動しました。係の5.6年生も自分の仕事にしっかり取り組み運動会を盛り上げてくれました。これからの生活に生かしてください。
保護者の皆様、早朝から準備のお手伝いやあたたかい応援ありがとうございました。


一日を気持ちよくスタート!(一斉下校での話) 8月29日(水)

 今日から通学班で登校しています。通学班は家を出て、一日のスタートを切る大切な場所です。一日を気持ちよくスタートするために、校長先生から3つ話をします。
 1つめです。夏休みが終わって、「おはよう」のあいさつができなかったり、小さな声になったりする人はいませんか?にこにこ笑顔で、大きな声のあいさつ、こんなあいさつができると、自分もまわりの人も気持ちがよくなります。
 2つめです。班長を困らせたり注意を聞かなかったりする人、低学年のめんどうを見ない班長はいませんか?自分がやられていやなことをしない。素直に人の言うことを聞く。みんなで考え、声をかけ合うとトラブルやけんかも起きません。
 3つめです。9月21日から30日までは平成で最後の秋の交通安全運動です。飛び出しや斜め横断をしていませんか?信号や標識、左右をよく見て道路を横断する。みんながルールを守ると、交通事故は0(ぜろ)になります。自転車に乗るときも気をつけてください。
 また、自分の家や友達の家に近くて便利だからと言って、道路で遊んでいませんか?道路で遊ぶのは大変危険です。音が出たりさわがしくなったりして近所に住んでいる方にも迷惑がかかります。道路では絶対に遊ばないようにしましょう。
 まだまだ暑い日が続きます。熱中症にならないように、水分をたくさんとり、帽子をきちんとかぶって安全に登校してください。交通指導員のみなさん、お世話をしてくださる地域の方へ感謝の気持ちを持って、元気なあいさつを忘れずにするようにしましょう。


2学期 始業式の話「夏休み中に変わった二小」 8月29日(水)

 おはようございます。夏休みのプール、ちゃれんじスタディには、暑い中たくさんの人が参加し、友達や先生、ボランティアの方と一緒に頑張りました。夏休み中、5年生は赤城に林間学校に行きました。二泊三日を過ごした「国立赤城青少年交流の家」から、素晴らしい態度で生活できたと、表彰状をいただきました。北校舎の昇降口に掲示しておくので、見てください。
 さて、夏休みが終わり、今日から2学期が始まりました。今日は8月29日なので、いつもより3日早く始まりました。日焼けした、元気な皆さんの顔を見て、みんなのためにがんばるぞとやる気になりました。もっと休みたいと思っている人もいると思いますが、気持ちを学校・学習モードに切り変えましょう。
 夏休み中に学校が快適できれいになりました。「わかった!」「気がついた!」人はいますか?
 一つ目は、体育館にエアコンが入りました。周りの壁についています。夏休み前に西日本で大きな災害が起きて避難所になった学校があります。エアコンがなくて暑くてたいへんだったそうです。二小も大きな災害があったときは避難所になり、体育館にたくさんの方が避難してきます。エアコンはそのときのためのもので、入り口には発電機も付けられています。いずれも周りにカバーや網のフェンスがついています。ボールをぶつけたりぶら下がったり寄りかかったりしないようにしましょう。暑い日、寒い日はみんなも使えますが、こわれたら使えなくなってしまいます。
 二つ目は、校庭の芝生です。6月に環境美化委員のみなさんが芝生の苗を植えてくれ、用務員さんが肥料をやったり芝を刈ったりしてくれて、緑のじゅうたんになってきました。今年は猛暑ですが、芝生は暑さを押さえてくれる効果があるそうです。昨日はドローンを飛ばして、どのくらい温度が違うのかを測定しました。奥の遊具の方は雑草が生えていたり石が転がったりしています。芝生が草に負けないように、緑のじゅうたんが広がるように、気が付いたら草を取ったり石を拾ったりしてください。8日土曜日の除草活動にも、お家の人と一緒に参加してください。
 2学期は運動会や二小フェスティバルなどの大きな行事があり一番長い学期です。大変なこと、嫌いなことも、やってみるとまんざらそうではありません。楽しくなるものです。頑張りましょう。


8.9月二小だよりより「地域の防災拠点として、そして『野菜の日に』」 8月29日(水)

昨年度と比べ少し短くなった夏休みが終わり、学校に子供たちの元気な声が戻ってきました。夏休み中に転出入があり二学期は697名でスタートしました。保護者や地域の皆様の御協力で、交通事故や水の事故もなく始業式を迎えられましたこと、感謝申し上げます。
 6月末から7月始めには台風7号および梅雨前線等の影響で、近畿や四国を中心に記録的な大雨が続きました。各地で土砂崩れや河川の氾濫が相次ぎ、大きな被害が出ました。命を守るためには「まず避難」。「身近にある「危険な場所」や「防災施設・設備」を確認しておくなど、日頃から備えておきましょう。なお、地域の避難所(防災拠点施設)に指定されている二小ですが、皆様を受け入れる体育館のWi-Fi(無線LAN)、エアコン、自家発電装置の設置工事を順次行い8月27日に一連の工事が終了しました。すでに完了している体育館屋根の防水工事と災害時用公衆電話(特設公衆電話)の設置と併せ、防災拠点機能が強化されました。また、8月も終わろうとしていますが、まだまだ暑い日が続きますので猛暑対策としてエアコン等を活用していくことにしています。
 さて、今日から二学期が始まりました。二学期は一番長い学期で、学校や学年の行事もたくさんあります。運動会、二小フェスティバル、あそびな祭、学校公開日、校外学習(社会科見学)、風の子マラソン大会…。さらに、今年度は朝霞市研究開発学校指定研究発表会(11月22日)もあります。それぞれの行事において、一人一人がめあてを持って、力いっぱい取り組み、実り多い二学期にしてもらいたいと思います。

8月31日は「野(8)菜(31)の日」

「野菜の日」は、1983年に全国青果物商業協同組合連合会などが野菜のPRのために制定したそうです。野菜は、近年ガン予防効果等が明らかにされ、生活習慣病予防の観点からも重要性が高まっています。しかし、消費量は近年減少しており、若年層を中心に摂取目標量(1人1日当たり350g:厚生労働省)を大きく下回っています。みなさんは野菜が好きですか?野菜が嫌い、苦手な人は、食わず嫌いも多いようです。「食わず嫌い」を辞書で引くと、「食べたことがなく、味もわからないのに嫌いだと決め込むこと」とあります。また「ある物事の真価を理解しないで、わけもなく嫌うこと」という意味もあります。食べ物も勉強も人も、嫌いだと決めつけるのはもったいないことです。まずは決めつけないことから始めてみましょう。食べてみるとおいしかったり、やってみると楽しかったりして、自分の可能性を広げることができます。

ご協力・お手伝いをお願いします!  ~地域の皆様もよろしくお願いします~

☆9月5日(水)14:40「校庭の芝生補植」 ※雨天決行。委員会活動の一環として児童とともに行います。

☆9月8日(土)9:00「除草活動」 ※雨天時は15日(土)

☆9月27日(木)28日(金)「夏休み作品展の準備」 ※作品整理・展示を行います。参加できる時間帯で結構です。詳しくは、後日学校メールでお知らせします。

校長の学校探検記

■水泳指導・がんばり教室(7/24~8/3)
 高温注意情報も出たので、プールの水を入れ替えながら水温を下げて行いました。水の中はひんやりとしていて、水分補給や休憩も適宜行い子供たちは元気に参加し泳力を伸ばしていました。

■ちゃれんじスタディ(7/23~8/3)
 ボランティアの皆さんのアドバイスを受けながら、自分の課題に挑戦していました。多くの保護者の皆様にご協力いただき円滑に実施することができました。ありがとうございました。